糖尿病は日本国内でも非常に多くの人がかかっている病気ですが、同じ糖尿病でもいくつかの種類があり、発症原因が違うためになりやすい人にも違いがあります。
糖尿病は血糖値が高くなる病気で膵臓から出されるインスリンというホルモンが関係しています。
インスリンは血糖値を下げる作用があり、血糖値のコントロールが体の中で行われなくなると食事など摂取により血糖が急激に上がったり、反対に下がり過ぎたりする危険が出てきて命に関わることがあります。

糖尿病は太った人がなりやすいのか?

糖尿病というと太った人がかかる病気だというイメージがあると思います。
太った人がなるかどうかは関係はしていますが、それだけが原因で糖尿病になるというわけではありません。
糖尿病には遺伝が関係している部分があり、家族内に糖尿病の人がいる場合にはそれ以外の人も糖尿病を発症するリスクが高くなります。

そのため、もともと家族内に糖尿病を発症している人がいる場合には、発症リスクが高いということを自覚して発症を予防できるような生活習慣を送るよう気をつけることが大切です。
もしも遺伝的に発症リスクの高い人が、高カロリーな食事をとり続けて運動不足の状態になっていると、糖尿病を発症する可能性が非常に高くなります。
糖尿病を起こすのは遺伝的になりやすいとされている人が血糖値が急激に上がるような食生活を送っていたり、身体を動かすことが不足している生活習慣、不規則な生活などを続けていると、インスリンが分泌されても効き目が出にくくなり、血糖を下げる力が徐々に弱くなっていって発症をします。

こういったタイプの糖尿病は、生活習慣によって発症リスクが大きく変わってくるだけでなく、インスリンの効き目が悪くなってからでも生活習慣を変えることで血糖のコントロールが良くなることがあることが特徴です。
もちろん発症するかどうかも生活習慣にかかっているため、遺伝的になりやすいタイプだったとしても、生活習慣に気をつけていることで発症を予防することができます。
糖尿病はひとつのことが原因で起こるものではないため、色々な要因が重なり合って結果としてインスリンが効きにくい体になってしまうと、体の外からインスリンを補充しないと血糖がコントロールできなくなってしまいます。

太っている人は太る原因として高カロリーな食事をとっていたり、運動量が不足して消費するカロリーより体に取り入れるカロリーのほうが多い状態が続いていることが予測されます。
太るような生活を送っていることが糖尿病の発症リスクを上げるために、太っている人には糖尿病が多いというのは事実です。
糖尿病を発症したり、血糖値のコントロールが乱れるようになってからでも体重を落とすことで糖尿病の症状が良くなることがあるので、体重や体型と糖尿病には深い関係があると言えるでしょう。

1型糖尿病と2型糖尿病の違い

糖尿病には太った人が多くかかるタイプの2型糖尿病というものと、違った発症原因で起こる1型糖尿病というものがあります。
1型というのは膵臓から出されるインスリンが不足していることが原因となって発症するもので、もともとインスリンを分泌する機能が悪い人に起こります。
1型の特徴は小さな子供や若い人に多いということで、太っていることとは関係なく発症します。

もともとインスリンを分泌する力が弱い人がかかる病気で、急激に発症することがほとんどです。
インスリンが不足していると高血糖になり過ぎたり、反対に血糖が下がり過ぎて低血糖を起こすことがあるために、ある日急に倒れて検査をしたら1型糖尿病だと診断を受けたということが多いようです。
1型の場合にはインスリンの量が絶対的に不足しているため、身体の外からインスリンを常に補給しなくてはいけません。
毎回食事の前にはインスリンの注射をうつ必要がでてきて、通常は病気が良くなることはないので、一生にわたってインスリン注射をし続けていくことになります。

これに対して2型の場合には、インスリンを分泌する力はあるのですが、インスリンが効きにくいような体になってしまったり、インスリンの分泌量が足りなくなることで高血糖を引き起こすという形になります。
そのため1型と違って症状は徐々にあらわれ始めて急激に悪化することは少ないということが特徴です。
そして、発症後の経過としても食事内容に気をつけるようにしたり、定期的に運動をすることで血糖値が安定してくることがあり、特別に薬などを使って治療する必要のないものもあります。

そのため2型の場合には薬を使用して治療を行う前に必ず生活習慣を見直すような生活指導が行われて、食事面や運動の必要性などの指導を受けることになります。
それでも生活習慣が改善されなかったり、生活習慣を改善しても血糖値が適正にコントロールされない時には、最終的な手段として薬を使用して血糖値がコントロールできるように治療が開始されます。
血糖値が高いままの状態が続くと血管に負担がかかり様々な合併症を起こしたり、急に血糖値が下がる低血糖を起こして命に危険が出るといけないので、インスリンを補充する治療をすることになりますが、この治療は血糖値の様子を見てインスリンの量を微調整しながら行われます。

糖尿病の検査方法

糖尿病かどうかを診断するための検査方法としては血液中の血糖値の量をはかるものが一般的です。
健康診断などでも行われることの多い検査が、食事をとってから長時間を経過した時のお腹の中が空腹になっている時の血糖値の値で、空腹時血糖と言われます。
これは食事をした後に血糖値がどれほど上がるかの検査と違って、最も血糖値が低い状態の値を知ることで、糖尿病かどうかを検査するという方法です。

通常、血糖値は食事をして食べ物が体の中に入った時に、最大に高くなり、食べ物が徐々に消化されていくと低くなるという経過をとります。
空腹時血糖はお腹の中に食べ物が入っていない状態での血糖値なので、一日の中で最も低い値を示します。
この時の血糖値が基準値よりも高い状態になると一日中その値以上の血糖値があるというように判断されます。
糖尿病かどうかを調べる検査でブドウ糖負荷試験というものもあります。

これは身体の中にブドウ糖という糖分を入れた時に、血糖値がどれほどの変化を見せるかということを調べる検査です。
ブドウ糖負荷試験を行うことで、血糖が高くなった時の体の反応を見ることができますし、血糖値がどのように変化していくかも見ることができます。
この検査は他の症状などから明らかに高血糖状態にあるという人には、ブドウ糖を体の中に入れることでさらに高血糖に状態に陥ってしまうことがあるため、危険が大きいと判断された場合には行わないこともあります。
もうひとつの検査方法は随時血糖です。これは名前の通り食事時間に関係なく血糖値を測定して値を見る検査です。

糖尿病でない場合にはどんなに血糖値が高くなっても140mg/dlを超えることはないとされているので、もしも200mg/dlを越えた場合には糖尿病である可能性が高いという診断が出ます。
随時血糖は診断の際に測定されるだけでなく、血糖コントロールを行う際の血糖値の目安を見るためにも測定されることがあります。
糖尿病であるかどうかは、血糖値以外の検査をしたり、尿に糖分が出ているかどうかをチェックすることもあります。
血糖値は変化するものなので一度だけの検査ではなく、何度かにわたって検査が行われることが多いようです。
また糖尿病だと診断が出た後でも、常に血糖値のコントロールが必要になるため、血糖値の測定は何度も行われます。