糖尿病の他に親から子へ遺伝する病気は何がある?

親から受け継いだ遺伝子のうち、特徴が出やすい物の方を優勢遺伝子と呼びます。
勿論それは姿かたちだけでなく病気も引き継がれる要因の一つです。また特徴が出にくい方の物を劣性遺伝子と呼びます。
ただ優劣と言う名がついているためどうしてもその性質に良い・悪いが存在していると思われてしまいがちですが、実はそうではありません。
その遺伝子が持っている特性が出やすいかどうか、つまり優位にあるのかどうかで優劣が変わります。

遺伝の仕方は大きく分けて4つあり、常染色体優性遺伝、常染色体劣性遺伝、X連鎖性優性遺伝、X連鎖性劣性遺伝となります。
常染色体優性遺伝は2分の1の確率で親から子に引き継がれる病気に関する遺伝子が引き継がれる物です。
この場合は家族性コレステロール血症やハンチントン病、マルファン症候群等が有ります。

常染色体劣性遺伝子による物は、両親のどちらかにその病気の要因が有りますが、生まれてくる子供にだけ症状が出ることが有る物です。
例えばフェニルケトン尿症やアルカプトン尿症です。

男性から娘に遺伝するのがX連鎖性優性遺伝による病気です。低リン酸血症性くる病等がその例です。
この場合、娘には伝わりますが、息子には伝わりません。
また祖父から男の孫に対してであれば2分の1の確率で病気が遺伝するというのがX連鎖性劣性遺伝です。
この場合は血友病やファブリー病等が該当します。

また、検診等では糖尿病だけでなく高血圧、心筋梗塞等の生活習慣病の家族歴も問われます。
勿論これらも親子間の性質の遺伝によって発症する病気ですが、それ以外にも環境要因の相互作用によって発症する病気だと考えられています。
さらにがんも家族・親族間でその性質を引き継ぎやすいと考えられている物の一つががんです。
がん家系と言う言葉で表現される事もありますが、実際には遺伝性のがんと言うのはそれほど多いわけではなくその発症には食生活や生活習慣、ストレス等他の要因も大きく関係しています。

うつ病も遺伝的要素が起因する

うつ病も遺伝的要素が関与します。
常染色体優性遺伝、常染色体劣性遺伝、X連鎖性劣性遺伝、X連鎖性優性遺伝といった、単純な遺伝形式ではなく心筋梗塞や高血圧、糖尿病といった病気と同じように様々な遺伝的要因、環境的要因が関与した病気です。

親子や親族間で、似たような精神的疾患がでる事はよく知られており、精神科や心療内科で家族の病歴が聴取されることは必須です。
ただし、前記した様に単純な遺伝形式ではないので、それまでの生育歴、食生活、生活習慣、ストレス等が発症に大きく関与します。
遺伝的性質が同じ一卵性双生児において片方がうつ病になった場合、もう一方がうつになる確率は研究によって幅がありますが、30~90%となっています。
うつ病が単純に遺伝病だった場合には発症は100%になるはずですから、その他の因子が関わっている事は明らかです。

したがって、病気を引き起こす要因を知ることにより、ある程度うつ病の発病リスクを抑えられ、予防に役立ちます。
一般的な生活習慣として、夜勤などの不規則な生活リズム、喫煙、飲酒はうつ病を引き起こす因子ですし、実際のうつ病の治療でも見直すべき生活習慣です。

また極端に真面目な考え方をする性格もうつ病を引き起こす要因となります。
自分がどのような性格か、そのために日々どの様なストレスを抱えて生活しているかを知る事は大切な事です。
自分の性格を知り、日々の思考を多方面から再考することによりストレスを軽減する事はうつ病の発症を予防します。
実際のうつ病の治療でも自分の考えを再考する認知行動療法といった治療を行う事もあり、薬剤治療と同等の効果、うつ病の再発予防についても有効性があることが確かめられています。